スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯舘村訪問について時間変更のお知らせ

2月16日に情報拡散をお願いいたしました件で

時間変更が生じたとの連絡がありました。

変更内容は以下の通りです。

10時から11時半  伊達東公民館
12時半から1時半  松川町 学習センター
2時から3時     飯野町 学習センター


情報拡散にご協力いただいた皆様

変更のご案内よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

ねこ調査勉強会のお知らせ

ねこ調査をご存知でしょうか?


地域にいる猫1匹につき1枚ずつ、その特徴をまとめたシートを作成します。

毛色、尻尾のカタチ、目の色などなど。

その地域の猫さん達を把握できたら

今度は、どの時間に、どこに、どの子がいるか、

何をしているか、問題にはなっていないかなどなどについて

地域の方にもご協力いただきながら

調べていきます。

そのデータをもとに、

その地域での猫の生活を総合的、客観的につかむことができます。


この調査は、必ずしも地域ねこ活動につながるというわけではありませんが、

地域ねこを導入する際の重要なステップになることは間違いなしです。


というわけで、

ねこ調査第一人者の山根明弘先生北九州市立いのちのたび博物館)と

山根先生のご指導のもと実際に調査を行われた

動物愛護推進員の方をお招きして

勉強会を開催することになりました。


● 日時  3月17日(土曜日) 14時から16時

● 家庭動物啓発センター(旧・福岡市西部動物管理センター、福岡市西区内浜)


勉強会では、調査を行われた際の苦労話や体験談など貴重なお話が聞けると思います。

またセンターのモデル猫さん達に協力してもらって

実際に、ねこの個体識別シートを作成する体験コーナーも計画しています。


ご参加希望の方は、地域ねこネットワーク(CNN)までお知らせください。
         


災害時のペット救済が義務化!

現在、改正のための議論が進められている動物愛護法(動物の愛護と管理に関する法律)のなかに

災害時のペット対策を義務化する内容を盛り込むことを

環境省が決めたそうです!

災害時のペット対策を義務化、動物愛護法改正へ





福岡市地域防災計画修正案に関する意見募集

地域防災計画をみなしている福岡市が

修正案を作成し、

市民から意見を募集しています。

平成24年度版「福岡市地域防災計画」


この修正案の中には

現在のところ

ペットをはじめ、動物に関する条項は含まれておりません。


本日、

災害現場で動物の救援についての勉強会に出席してきましたが


DSC_4147.jpg


災害の現場では

「人間の方が先」

「人間の方が大事」といった批判的な声によって

動物の救援がしにくくなるという現状があるそうです。

そんなときに、地域防災計画に文言が含まれていれば

救援する側の根拠になるそうです。


災害現場では、動物よりも人間の生命、財産を尊重されるのは仕方のないことだと思います。

ですが、動物たちを救うことは、人の心や生活を救うことにもつながります。

動物を即座にスムーズに救済することによって

給餌や捕獲のために被災地にはいる必要もなくなり、2次災害、3次災害を避けることもできます。


私たちの街のことです。

私たちの街が、

災害に対してどのように備えていくのか

動物たちをどう守っていくのか

人をどう救うのかについて

今一度、考えるいい機会になるのではないでしょうか。




あいねこメーリングリスト

猫に関するイベントやニュースなどの情報交換の場として

「あいねこメーリングリスト」を運営しています。

管理は、福岡どうぶつ会議所さんと共同で行っています。


メーリングリストには

福岡だけでなく

佐賀、長崎、熊本からも

個人、団体の方にご参加いただいています。


登録をご希望される方は

aineko2012☆yahoo.co.jpまで
(☆を@に変換してください)

ご一報ください。

とうにん地域ねこ倶楽部

CNNを支えてくださっている団体さんの中で

最後に紹介するのは

とうにん地域ねこ倶楽部さんです。


2007年より、福岡市中央区のある場所(場所非公開)で

「地域ねこ活動」をスタートされ

現在では、猫の数は5分の1程度に減っているそうです。


猫の不妊手術、管理だけではなく

里親探し

捕獲器の貸し出し

猫についての相談対応など

精力的に活動されています。


何を隠そう

CNN発足のきっかけを作ってくれたのはとうにんさんです。

とうにんさんの

野良猫問題を解決し

命に優しい街を作りたいという熱い思いを

いかにしたら実現できるか

ということを突き詰めて考えた末に

CNNは生まれたのでした。


とうにんさんの

これまでの経験や実績は

地域ねこに関わる人に共通する貴重な財産だと思います。

CNNもその恩恵を十分にうけつつ、

すこしずつ恩返ししていきたいと思います。







【事務局】 福岡市NPOボランティアセンターに登録しました

福岡県に続き、

福岡市NPOボランティアセンターに団体登録いたしました。

これまでも勉強会等で利用させていただいていましたが、

団体登録で

セミナールームなども使えるようになりました。

有効に活用していきたいと思います。

情報拡散のお願い

新潟の動物保護団体新潟動物ネットワーク(NDN)さんより

情報拡散のお願いがありました。


NDNさんは震災直後より

中越地震などの経験を生かした実践的な支援を被災地に向けて行われています。

定期的に、福島県内の仮設住宅を訪問し

支援物資を届け、

相談に乗るなど

その活動には本当に頭が下がります。

関心のある方は、被災地応援ボードをご覧ください。


来月にも福島県の飯舘村へ訪問されることが決まったそうですが

住民の方へなかなか情報が伝わっていかないとのことです。

そこで、遠く福岡からではありますが

ブログ、HP等で

仮設住宅訪問&支援物資提供について情報を拡散してほしいとのことです。

ご協力いただける方は、どうぞよろしくお願いいたします。

以下、情報です。


<飯館村ペット用支援物資配布・飼育相談会>

飯館村の住民でペットを飼っている方を対象とした支援物資配布・飼育相談会です。
仮設住宅・借り上げ住宅は問いません。
ペットを自宅に置いている方、預けている方もすべて対象です。
周囲の方へのお声かけをどうぞお願いします。多くのご来場をお待ちしています。

3月4日(日)
10時から12時  伊達東公民館
1時から2時半   松川町 学習センター
3時から4時    飯野町 学習センター

配布物資 犬フード、猫フード、おやつ、ペットシーツ、首輪、リード、うんち袋、
迷子札、爪研ぎ、猫砂、シャンプータオル、毛布やフリース敷布、など    

●数に限りがありますので不足の際はご了承ください。
●特別な備品の貸出しを希望される方はあらかじめお電話ください。

主催・お問い合わせ:ALIVEアライブふくしま 0247-42-2160(和田)
共催:新潟動物ネットワーク tomokon★d6.dion.ne.jp (岡田)
               (★を@に変えて、送信してください)  

福岡県NPOボランティアセンターに団体登録しました

福岡県NPOボランティアセンターに

団体登録の申し込みをしていたところ

承認されました。


これで

CNNの活動もより広がっていくのではないかと思います。

いろんなボランティアの方ととも交流できるといいなぁと思います。





地域ねこコミュニティ会議

去る1月22日に

地域ねこコミュニティ会議

開催しました。


新宿区の職員、高木優治氏をお迎えして


IMG_4959.jpg


各地で活動している方々に報告をしていただきました。

福岡市、福岡県の行政の方からも

ご発言いただき

内容の濃い会議になりました。

ご参加くださった皆様に感謝です。


IMG_4921.jpg


CNN作成の

IMG_4947.jpg

チラシとポスターも

お持ち帰りいただきました。


それぞれ活動をしていると

なかなか他の団体、他の場所の事情を知ることはできませんので

本当に貴重な機会になりました。

アンケートでも

他の活動を知ることができて良かった

また参加したいとのお声をいただきましたので

行政とも協力の上

今後も企画、開催していこうと考えています。






愛玩動物管理士会主催勉強会のお知らせ

愛玩動物飼養管理士会の勉強会、

災害現場の現状~管理士としてできること」が

開催されます。


昨年3月の東日本大震災に際し、

被災動物の救済活動を実践されてきた日本愛玩動物協会が

活動経験豊富な講師を迎え、

管理士として災害発生時の動物救護の関わり方について学ぶ機会を設けてくださいました。

一般の方のご参加も可能です。

福岡県も動物救護対策を講じている今、

私たちも有事の際に動物たちの命を

どう守っていくことができるのか

今一度かんがえるいい機会になるのではと思います。


詳細は以下の通りです。

○講師 平井潤子(日本愛玩動物協会本部理事)

○開催日時 2月19日(日曜日)
受付 13:00~13:30
勉強会 13:30~16:00

○会場 福岡県NPOボランティアセンター会議室

福岡市博多区吉塚本町13-50 5F
TEL092-631-4411

○参加費は無料です。

事前の申し込みは不要です。

第4回勉強会を開催しました

2月10日19時より

大名のNPOボランティアセンターあすみんにて

第4回勉強会を開催しました。


本来は、地域ねこコーディネーター養成講座の第三回目の予定でしたが

今後の勉強会のテーマについての議論が白熱してしまいました。


地域ねこコーディネーター養成講座は、

地域ねこ活動の立ち上げ希望者や

相談者に対応する際に必要とされる知識をおさえ、

より実践的なアドバイスを行えるようになることを目的としています。

動物行政や法律

地域ねこ活動の目的や活動内容

助成のシステム

ボランティアとしてのCNNの立場

などについて学びます。


4月からは、養成講座修了者に対して

新たな講座がスタートすることになりました。

詳細決まりましたら、

またお知らせいたします。

福岡どうぶつ会議所

CNNを支えてくださっている団体さん

次にご紹介するのは

特定NPO法人福岡どうぶつ会議所さんです。


福岡では言わずと知れた団体さんですが

2001年の設立以来、殺処分数ゼロを目指して

写真展の開催や保護活動、イベント活動など多岐にわたる活動を展開されています。

またHPには一般の方が里親さんを募集できるコーナーもあります。

市民に対する窓口として事務局を設置し

相談対応や情報提供を行っています。


目の前の命を助けるだけでなく

不幸な命を生みだす社会そのものを変える必要性を訴えるために

啓発活動に力を入れているところが最大の特徴です。


NPOならでは経験と知識で

CNNの活動を支えてくださっています。

今後とも面倒な相談事をすると思いますが

よろしくお願いいたします。




CNNの活動

CNNの活動は

・支援

・普及

・交流


の3つの分野からなります。


<支援>

地域ねこ活動を立ち上げたい、

野良猫に困っているという相談者に対応します。

地域における野良猫の問題を総体的、客観的に把握し

相談者とともに解決策を探ります。

地域ねこ活動のたち上げについては

具体的な助言、資料提供、会議の参加などを行い、

よりスムーズに立ち上げにつながるようサポートします。

立ち上げ後も、

譲渡の相談、捕獲器の貸し出しなどの支援を行います。


<普及>

地域ねこ活動の知名度は依然として低いといっていいと思います。

名前を聞いたことはあっても

その内容や目的、実績などを正しく理解している人は少ないです。

地域ねこ活動に取り組んでいない自治体もまだ少なくはありません。

そこで、

地域ねこ活動についての正しい理解をひろめるために

チラシの作成や配布を行います。

またより広く導入してもらえるよう行政や関係各機関にも働きかけていきます。



<交流>


この活動の目的は2つあります。

1つは、上記の活動をより有効に行うために

地域ねこ活動や関連の問題について知識を深め、

地域ねこ活動の推進に必要な知識、技術を習得すること。

もう1つは

他のボランティア団体や一般市民の方との

コミュニケーションの場を提供することで

社会全体に問題を提起することです。

毎月の勉強会のほか

イベントやセミナーを開催します。

また団体や個人を結ぶ連絡網「あいねこメーリングリスト」の運営・管理を行います。





いぬねこカウンシル福岡

CNNの活動を支えてくださっている団体さんの紹介をします。

まずは

いぬねこカウンシル福岡(INC)さん


2011年4月の設立以来

人と犬と猫とが住みよい町の創造をめざして

学びの場、交流の場を提供する活動を展開されています。


昨年は、

動物愛護法に関するゼミや

Power of Lifeの写真展などを行われました。

また、昨年の東日本大震災に際しては

いち早く支援のための活動をはじめられ

現在も継続されています。


INCは、

メンバーそれぞれが得意分野を生かしながら

より広い視野にたって活動を広げていくところに最大の特徴があります。

動物関連以外の団体や個人とのコラボにも積極的に取り組まれ、

従来の動物愛護団体とは異なる独自のスタンスを追求されているところも魅力です。


CNNの勉強会にも毎回積極的に参加いただき、

熱心に取り組まれています。

団体運営、WEBにも強いので

頼りになる仲間です。

これからもどうぞよろしくお願いします。

CNNボランティア募集

CNNでは

CNNの目的に賛同し

CNNの活動に主体的に参加、活動していただく方を募集しています。


お申し込みはメールフォームから

お名前、

連絡先電話番号もしくはメールアドレス、

希望活動分野(支援、普及、交流 *活動内容の詳細についてはこちら)を、

お知らせください。

後日、担当から連絡させていただきます。


お問い合わせも大歓迎です。

ご応募お待ちしております



 

なれそめ

CNNは2011年7月に発足いたしました。


設立にかかわったメンバーは

動物関係のボランティア団体に所属し

それぞれ活動していました。

それまで活動の中で

地域ねこ活動にももちろん着手していましたが

知識不足、人手不足、活動人員不足などで

なかなか思うように地域ねこ活動までつなげていけない

もどかしさを感じていました。


地域ねこ活動は

猫が好き、猫がかわいそうなだけでは、

広がっていきません。

地域社会にうけいれてもらうためには

より広い視野にたった行動、アプローチが必要とされます。

そこで、

それぞれの団体、もしくは個人が

地域ねこの一点で協力し合える場を作ってはどうかと

ひらめきました。


団体によって得意な分野は異なります。

保護活動

相談対応

フード支援

セミナーや勉強会の開催

行政や関係各機関との折衝

などなど。


各団体が得意な分野で貢献しながら

地域ねこ活動の推進を目指す

そんなネットワークの構築こそが

必要とされているのではないかという思いによって

地域ねこネットワーク(CNN)は生まれました。


そして現在、

CNNの思いに賛同して参加していただいた

いぬねこカウンシル福岡さん

福岡どうぶつ会議所さん

とうにん地域ねこ倶楽部さん

の三団体、

または個人の方によって

支えられながら活動しています。

地域ねこ活動とは

地域ねこ活動は

地域の野良猫の問題を解決する

最も実効性のある手段として

全国で展開されています。


これまでの対策と大きく異なるのは、

活動の担い手が地域住民であるという点です。

猫が好きな人だけでなく

猫に困っている人、

猫を嫌いな人も

一緒になって

地域の活動として取り組むことができます。

地域の住民一人一人が

野良猫の問題を

地域の問題、

自分の生活環境としてとらえることによって

野良猫の問題を発生させない仕組みを社会に根付かせることを目的としています。


地域ねこ活動の具体な内容は

・不妊手術

  捕獲器などで猫を捕獲後、不妊手術を行います。
  
  手術をした猫は、耳先をカットして、元の場所に放します。

  不妊手術を行うことで、
 
  野良猫の数が増えるのを防げるだけでなく

  発情時の鳴き声や尿の臭いの被害も減ります。


・ルールにのっとったえさやり

  えさの場所、時間を決めて、えさをあげます。

  食べ残したものは回収し、置きっ放しにはしません。

  カラスやネズミがくることもないですし

  腐ったえさを猫が食べることも防げます。


・猫トイレの設置

  野良猫の被害で一年を通してもっとも苦情が多いのは糞尿の被害です。

  トイレを設置し、掃除することで

  被害の拡大を防ぎます。

  糞尿被害の多いところには、猫を寄せ付けないような工夫を行います。


・譲渡活動 
     
  子猫や人慣れしている猫については

  出来る限り、譲渡を行います。

  譲渡する際には、新たな問題につながらないよう

  慎重に対応することが肝心です。


・適正管理の推進  
  
  どんなに野良猫の不妊手術をすすめても

  飼い猫を外に出したり、

  不妊手術を怠ったりしていては

  問題の解決にはつながりません。

  「飼い猫を手術して耳先カットしちゃった」というようなトラブルを避けるためにも

  飼い猫の適正管理(不妊手術、室内飼育、身元表示)も同時に推進していきます。  

  
以上の基本的な活動のほかにも

地域の実情に合わせて

様々な活動が含まれると思います。

活動資金確保のためのフリーマーケットや

HPの運営など。

地域住民が自分のできるところから

すこしずつ参加することで

真の意味での「地域の活動」になっていきます。


地域社会の中のコミュニケーションの活性化

地域社会の再生も

地域ねこ活動に期待される効果の一つです。



地域ねこネットワーク(CNN)です

地域ねこネットワーク(CNN)

人にも猫にも住みやすい社会づくりを目指して

地域ねこ活動の推進・普及のための活動を行っています。



地域ねこ活動は

地域住民が主体となって地域に住んでいる野良猫を管理することで

地域社会に野良猫の問題を発生させない仕組みを根付かせることを目的としています。

活動の主体は地域住民のみなさまになります。



CNNでは、

地域ねこ活動が

より多くの方に理解され

より多くの地域で実践されるよう

次の3つの活動を展開いたします。


・地域ねこ活動のたち上げ支援

・地域ねこ活動の普及

・ボランティア交流



今後ともどうぞよろしくお願いいたします。





プロフィール

地域ねこネットワーク

Author:地域ねこネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
いらっしゃいませ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。