スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡県が地域ねこ活動を支援

第2次福岡県動物愛護推進計画(今年度~2023年度)のなかに

地域ねこ活動の立ち上げ支援が盛り込まれました。

具体的には

地域ねこモデル地区を対象に

立ち上げ費用や手術費の助成が行われるとのことです。

モデル地区は10市町村25地区に限定され

もちろん認定には、地域住民の合意などの条件を整える必要があるかと思います。


地域ねこ活動立ち上げの際には

捕獲器の準備や広報などいろいろと費用がかさむもの・・・

地域ねこ活動推進の大きな力になるのではないでしょうか。




スポンサーサイト

糸島保健福祉事務所訪問

先日のどんぐり政治cafeの流れで

藤井議員とともに

糸島保健福祉事務所を訪問してきました。


担当職員の方が

県域と政令市の平成16~24年度の処分数等の資料をもとに

犬猫をめぐる現状について、

さらにそれに対する対策について

説明していただきました。


藤井議員、相談者の方とともに

糸島市の今後の取り組みについて

具体的に話しあういい機会となりました。


今回のように

民間の有志の方、

担当行政、

地方行政が

一堂に会して猫の問題について話し合えるというのは

本当に貴重な機会になったと思いますし

CNNとして目指す形になったきたことは喜ばしい限りです。

これに満足せず

現実的な動きに結びつくよう

今後も邁進していきたいと思います!

糸島市で地域ねこ会議

糸島市会議員の藤井よしひろさんは

「藤井よしひろどんぐりプロジェクト」のなかで

身近なテーマから政治と暮らしと文化について話し合う

どんぐり政治cafe」を定期的に開催されています。

そしてなんとこの度

地域ねこ

がテーマとして取り上げられました。


糸島地区で

個人的にTNR活動をされていた方からの

ご相談をうけていたご縁で

そのどんぐり政治cafeでお話させていただくことになりました。


当日は8人と少人数でしたが、

地域ねこ活動について全く知識のない方、

実際に猫にかかわっている方が一堂に会し

違った立場からの意見を交換するなど

とても実のあるものになりました。


これまで猫に関心を持っていなかった方からも

どうすれば一般市民に広く受け入れられるか

チラシの作成方法などについて貴重なご意見をいただきました。

九州大学の移転に伴い

学生さんも増えるので、

その若い力を活用できないかとの具体的な案も出たりと

大変盛り上がりました。


なお、藤井議員がさらに見識を深めたいということでしたので

あらためて糸島保健福祉事務所にて

担当職員さんと会合の場を持つことになりました。


今後の糸島のことを思うとワクワクするような時間でした。

ひとつひとつ実現に向けて進めていきたいと思います。










プロフィール

地域ねこネットワーク

Author:地域ねこネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
いらっしゃいませ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。