スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域ねこ活動とは

地域ねこ活動は

地域の野良猫の問題を解決する

最も実効性のある手段として

全国で展開されています。


これまでの対策と大きく異なるのは、

活動の担い手が地域住民であるという点です。

猫が好きな人だけでなく

猫に困っている人、

猫を嫌いな人も

一緒になって

地域の活動として取り組むことができます。

地域の住民一人一人が

野良猫の問題を

地域の問題、

自分の生活環境としてとらえることによって

野良猫の問題を発生させない仕組みを社会に根付かせることを目的としています。


地域ねこ活動の具体な内容は

・不妊手術

  捕獲器などで猫を捕獲後、不妊手術を行います。
  
  手術をした猫は、耳先をカットして、元の場所に放します。

  不妊手術を行うことで、
 
  野良猫の数が増えるのを防げるだけでなく

  発情時の鳴き声や尿の臭いの被害も減ります。


・ルールにのっとったえさやり

  えさの場所、時間を決めて、えさをあげます。

  食べ残したものは回収し、置きっ放しにはしません。

  カラスやネズミがくることもないですし

  腐ったえさを猫が食べることも防げます。


・猫トイレの設置

  野良猫の被害で一年を通してもっとも苦情が多いのは糞尿の被害です。

  トイレを設置し、掃除することで

  被害の拡大を防ぎます。

  糞尿被害の多いところには、猫を寄せ付けないような工夫を行います。


・譲渡活動 
     
  子猫や人慣れしている猫については

  出来る限り、譲渡を行います。

  譲渡する際には、新たな問題につながらないよう

  慎重に対応することが肝心です。


・適正管理の推進  
  
  どんなに野良猫の不妊手術をすすめても

  飼い猫を外に出したり、

  不妊手術を怠ったりしていては

  問題の解決にはつながりません。

  「飼い猫を手術して耳先カットしちゃった」というようなトラブルを避けるためにも

  飼い猫の適正管理(不妊手術、室内飼育、身元表示)も同時に推進していきます。  

  
以上の基本的な活動のほかにも

地域の実情に合わせて

様々な活動が含まれると思います。

活動資金確保のためのフリーマーケットや

HPの運営など。

地域住民が自分のできるところから

すこしずつ参加することで

真の意味での「地域の活動」になっていきます。


地域社会の中のコミュニケーションの活性化

地域社会の再生も

地域ねこ活動に期待される効果の一つです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

地域ねこネットワーク

Author:地域ねこネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
いらっしゃいませ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。