スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域ねこの記事発見

1421137736465.jpg

偶然開いた

2015年1月号のフリーペーパーMessa-jyuに

1421137749555.jpg

地域ねこ活動を紹介する記事を発見。

家庭動物啓発センターの所長さんのインタビュー記事でした。

こういった機会を通して

より多くの方に

地域ねこ活動について知っていただき、

野良猫の問題を少しでも考えていただければと思いました。

地域ねこ活動をスムーズに、そして長く継続させていくためには

社会全体の「地ならし」は欠かせません。

CNNも

「普及」の方面で何か新たにやっていければと考えています。


●参考までに、掲載されていたデータを紹介しておきます。

 平成25年度 福岡市の猫の殺処分数は375頭 うち幼猫は347頭
 平成26年10月までの福岡市地域ねこ支援地域は 57地域、1204頭の手術を実施

京都市でパブコメ募集

京都市で

「動物による迷惑の防止に関する条例(仮称)」の制定にかんして

パブリックコメントを募集しています。

この条例のなかで「迷惑」と規定され、

規制の対象にあたる行為に

「野良猫へのエサやり」が

含まれています。

地域猫活動の範囲内で行うエサやりについては

「適切な管理の下で」

ということで、

規制の対象外になると考えられます。

ですが、

それ以外のエサやりに関して

全て迷惑だと一方的に決めつける、

法で規制するのは

やり方としてどうかと

思われます。

ますますエサやり行為を闇に追いやるだけではないかと危惧します。

地域ねこ活動を

エサやりさんも含めた

地域の人々のつながりの再生によって

野良猫の問題を発生させない社会づくりをめざすものとすれば、

今回の条例は

逆の作用をもたらすのではないでしょうか。


ただし、

迷惑なエサやり行為そのものが認められるわけではありません。

地域ねこ活動地域でも、

大変困っています。

京都市が

問題提起をしてくれたこのタイミングで

エサやりについて、

真剣に向き合える機会になればと思います。


京都市は

パブリックコメントを

募集しています。

ここに様々な意見を集めることで

野良猫へのエサやりについての

新たな指針が生まれるかもしれません。

締め切りは1月14日です。

コメント応募はこちらから。





ねこの秘密

ねこ調査勉強会でお世話になった

いのちのたび博物館の山根明弘先生が

『ねこの秘密』

ねこの秘密ねこの秘密
(2014/11/14)
山根明弘

商品詳細を見る


を、

昨年末、出版されました。


相の島での研究成果をふんだんに盛り込んだ

ねこ調査の報告は

必読です。

また地域ねこや、人と猫との共生についても

述べられていて

先生の深い動物愛、猫愛、そして人間愛が感じられる一冊です。

先生がおっしゃるように

「ともに暮らしながらも、人は人、ねこはねこというように

程よい距離感をお互いに保ちながら生活」していけるようになれば

素晴らしいと思いました。

その手段の一つとして

地域ねこ活動があるのだと思います。


「アフリカゾウのいない地球」開催のお知らせ

アフリカゾウが密猟のために

絶滅の危機に瀕しているといわれています。

密猟の目的は「象牙」。

象牙は生え変わらない、一生ものです。

象牙をとるには、ゾウの命も一緒にとらなければいけません。

世界でも数少ない象牙消費国のこの日本で、

どれだけの人がこのことを知っているでしょうか?


アフリカゾウの現状、それに対する取り組みについて学ぶセミナーが開催されます。

ご関心のある方はどうぞお出かけになってみてはいかがでしょうか?




「アフリカゾウのいない地球―人間とゾウの共生に向けて―」

講師 山脇愛理氏(NGOアフリカゾウの涙代表)

●日 時  2014年11月15日(土曜日) 12時半受付 13時開始

●場 所  福岡ECO動物海洋専門学校 802教室

●参加費  1000円

●主 催   ドッグスピリッツ  いぬねこカウンシル福岡


ゾウを永続的に守っていくためには

地域住民がゾウがいることによって利益を得るというシステムを構築することが重要なのだそうです。

ゾウが地域を潤して初めて、ゾウと人とが共生にむけて歩み始めるとか。

なんだか地域ねこに通じるものがありませんか?

一つの資源(この場合はゾウ、私たちの場合は野良猫)をめぐって

価値観の異なる人たちを結び付け、

利害を調整してはじめて、

その資源を保全していくことができる。

これから地域ねこ活動をすすめる際の実践的なヒントになると思います。

是非、ご参加ください。


事前申込みが必要となります。
11月10日月曜日までに地域ねこネットワークまでお知らせください。


チャリティグッズの販売や

パネルの展示など内容も盛りだくさんです。


また残念ながら、当日参加できない方はネット署名でお気持ちをアフリカに伝えてください。
  象牙、象牙商品、サイ角の取引禁止!

糸島いきいきフェスタ

今年も糸島市が主催する動物愛護イベント

いきいきフェスタ


に行ってきました。


毎年恒例のイベントのほか

地域ねこ活動の説明や

猫の殺処分数のグラフの展示などがありました。

いきいき-1

他の県域と比べても糸島市が格段に多いのがわかります。

(オレンジが糸島市、左から筑紫野市、大野城市、春日市、宗像市)

処分前、焼却中、骨になった写真をみて

その感想を書き込んでもらうコーナーもありました。

いきいき-4


引き取りの猫のうち、飼い主不明の猫(大半が子猫)は

殺処分数の75%にあたります。

不妊手術を施していれば、

失われることのなかった命。

写真とグラフを目にした方たちが

この現実をそれぞれ心に刻んで帰ってもらえたらと願ってやみません。


糸島市長も視察にこられたフェスタ、

今後予定している糸島地域での地域ねこ活動につなげていければと思います。

プロフィール

地域ねこネットワーク

Author:地域ねこネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
いらっしゃいませ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。